Thursday, September 15, 2016

HBOによる力作ドラマ:「The Night Of」


夏の間の限定シリーズ「The Night Of」を先週、観終わった。素晴らしいクオリティのドラマだった。

「The Night Of」の主人公はクイーンズに住むパキスタン系の大学生、ナズ(リズ・アーメッド)。或る夜、いとこの車でパーティに繰り出すはずだったのに、ドタキャンされてしまう。どうしてもパーティに行きたかったナズは、タクシーの運転手をしている父親と同僚2人が共同所有するタクシーを内緒で拝借してマンハッタンに向かうが、天井灯の消し方を知らないために、道に迷って停車している際に、客待ちタクシーだと思った客が乗り込んできてしまう。営業中でないことを説明して降りてもらうナズだったが、3回目、若い女性が乗り込んできた時には彼女の物憂いな美しさに魅かれてつい乗車を許す。
その女性、アンドレア(ソフィア・ブラック=デリア)は「ビーチに連れて行って」とせがむが、マンハッタンにビーチは無い。仕方ないので、 ハドソン川のほとりに連れて行く。アンドレアは、そこでナズにドラッグ(エクスタシー?)を渡す。躊躇うナズだが、アンドレアに誘われるまま飲むナズ。2人はその後、アンドレアの家に向かい、一夜を共にするが…

ナズを演じるアーメッドは、ラッパーとしてスタートしたパキスタン系のイギリス人だが、眼だけで演技できる生来の俳優。最近は、ラッパーとしての活動より俳優としての仕事の方が多いそうだが、むべなるかな。
リズ・アーメッド
眼力がすごい

アーメッドをはじめとして、「The Night Of」はとにかくキャストが素晴らしい。後にナズを弁護することになるしがない弁護士にジョン・タトゥーロとナズを追及する刑事に舞台俳優として知られるビル・キャンプが、報われることの多くない仕事なのに力のある限りを尽くさずにはいられない中年男たちを演じて、とりわけ良かった。
弁護士のジョン・ストーン役のジョン・タトゥーロ
「ザ・ソプラノズ」の故J・ガンドルフィーニが演じるはずの役だったとか

刑事デニス・ボックス役のビル・キャンプ
ストーンが”狡猾な動物のような男”と称したベテラン刑事を好演

こういう役者たちの演技を見ると、やっぱりアメリカの俳優のストックって凄いなあ、と思わざるを得ない。

「The Night Of」は、一応、犯人探しのジャンル、who-done-itに該当する推理ものゆえ、これ以上、ストーリーを語るのは”反則”になりかねないので、とりあえずHBOによる予告編のリンクを貼っておきます:



予告編を見るとわかると思うけれど、寒々しい蒼色を基調とした映像も、作品全体のムードによく合っていて賢い選択。

あと、オープニング・クレジットの音楽が私はとても好きだった。
我が家は、基本的にはドラマは録画して見るので、最初のクレジット・シークエンスはたいがい早送りするのだけれど、「The Night Of」だけは音楽が良かったので、早送り無しでした。音楽を担当しているのは、TVドラマ版「ファーゴ」の音楽を担当したジェフ・ルッソ。



オープニング・クレジットは映像も美しい。

「The Night Of」、日本でも放映されるといいのですが…

Monday, September 12, 2016

東海岸大学見学ツアー

もう1ヶ月以上前のことになってしまいますが、7月の終わりから8月にかけて、東海岸にある評判の良い大学のキャンパスを訪ねて歩きました。今年の夏は、娘がピッツバーグ・バレエのサマープログラムに参加したので、迎えに行きがてら、東海岸にある大学をまだ見たことの無い娘に見せて、大学受験準備の刺激にしようという魂胆でした。(笑)

典型的な東海岸のキャンパス風景
広々とした芝生に18~19世紀築の建物が並んでいて素敵〜

ピッツバーグのあるペンシルベニア州を出発点にして、マサチューセッツ州まで東へ車で移動して12日間で計10校の大学を見学するという強行軍でしたが、東海岸の大学のキャンパス・ツアーは私も初めてだったので、とても興味深く、勉強になりました。

どの大学も1時間ほどのインフォメーション・セッションという簡単な説明会が設けられていて、Admission Officeのスタッフが、自分の大学の特色や大学生活のハイライトを紹介します。大学によっては、在校生も参加してスタッフの人との会話スタイルで進めていくところもありました。
その前後には、キャンパス・ツアーの機会も設けられていて、在校生が1時間〜1時間半にわたって、キャンパス内を案内して回ってくれます。

どの大学もキャンパス内に居たのは2時間半〜3時間半ほどの短さではありましたが、それでも、それなりにその大学の雰囲気、スタッフや在校生のタイプといったものが感じられて、娘なりに「ここの大学は雰囲気が好き」、「ここの大学はすんなり馴染める気がする」、「ここの大学は何か違うなあ」、「ここは絶対、入りたくない」とそれぞれに感想を話してくれて、以前、訪問した大学でツアーをしてくれた在校生が、「この大学を選んだ理由は?」と聞かれた時に「ピンときたとしか言いようがない」と言っていたことを思い出しました。
確かに、どこの大学でも「matching」とか「right for you」とか、相性のことを強調するスタッフや在校生が多かったです。日本同様、アメリカでも大学ランキングといったものが存在しますが、そういうランキングの上位20〜30位ぐらいに入っている大学に関しては、5位になっていようが、15位になっていようが、教育の質には変わりがないということも聞きました。要は、自分のキャラやニーズに一番合った大学に行くのがベストということなんでしょうね。

某大学の近くのアイスクリーム屋さんにて
娘はほとんどの大学街でアイスクリームを食していました。
アイスクリームの質で大学を選んでいるという噂もアリ(笑)

Friday, September 2, 2016

ピッツバーグ・バレエ インテンシブ・サマー・プログラム

わー、なんと2ヶ月近く更新をサボっておりました〜〜。
そうしたら、ドメインを登録している会社への登録料の支払いをしていたクレジットカードが無効になっていることを忘れ、知らない間にブログのアドレスが無くなっちゃって大慌て。すぐに更新手続きを取ったのでアドレスも無事奪還できました。(知らせてくれたK子さん、どうもありがとう!)

さて、書く事はいっぱいあるのですが、まずは時系列順に、娘が参加したピッツバーグ・バレエのサマー・プログラムのことから書くことにします。

今年のサマー・プログラムは6月20日から7月23日までの5週間。内容はまあ、去年のカンザス・シティ・バレエのプログラムと似通ったものだったようですが、大きな違いは振り付けのワークショップがあったことでしょうか。また、寮生活では、普段通っているバレエ教室で仲の良いお友達とルームメイトになれたので、非常にリラックスして過ごせたようです。そのせいか、去年に比べストレスが少なかったのか、故障も少なく、フィジカルセラピストに何度か通った時にクラスを休んだぐらいで、丸1日休んだ日が全く無かったのが本人としては嬉しかったようでした。

プログラムは23日(土)に終わったのですが、その前日の金曜日の夕方に、振り付けのワークショップの発表会があったので、木曜日の深夜出発の夜行でピッツバーグまで飛び、ワークショップの発表会を見てきました。
娘の作品は、ダンサーのGちゃんが堂々と踊ってくれてソロながら迫力があってなかなか良かったです。他の生徒の作品でも、「お〜」と感心させられるものが多くて、高校生でこれだけのダンス作品が創れるなんて大したものだなあと思いました。

最終日の発表会も観に行ってきましたが、娘のレベルはクラシックは「ラ・バヤデール」とモダンの2つの演目を披露してくれました。場所は一番大きなスタジオだったものの、生徒たちの家族全員を収容するほどの座席スペースが確保できないため、各生徒の役によって午前と午後に分かれてのパフォーマンスでした。
娘はラッキーにも、午前中は「ラ・バヤデール」のデュエットの役をもらい、午後は同作のコール・ドと両方に出させてもらえたので、午前中のパフォーマンスはダンナと鑑賞し、午後は娘の友達のママに付き添う形で2度見られたのがラッキーでした。

残念ながら、パフォーマンスは写真撮影もビデオ撮影も禁止なので、載せる写真が無いので、パフォーマンス前に食べに行ったアイスクリーム屋さんの写真を載せておきます。(笑)


1923年創業のKlavon's。店内は創業当時のままのたたずまいで、素敵〜〜。
ピッツバーグ・バレエから歩いて5〜10分ぐらいの距離のところにあるので、娘たちもレッスンの合間によく通ったそうです。

Sunday, July 10, 2016

ebayの戦利品〜バッグ篇

最近、アメリカのオークション・サイト、ebayにハマっていることは5月24日付の日記に書きましたが、そこにも書いたように普段使いのバッグを探し始めました。

娘にはコーチのヴィンテージ品を買ったし、コーチのバッグは既に1個持っているので、コーチ以外のブランドで、知名度よりも質の点で評判が良いブランドで何か無いかな〜と探して見つけたのが、Furlaというブランド。日本では「フルラ」という名で知られているイタリアのブランドですが、上品なデザインと質の良さの割には他のブランド品より高くないという評判が気に入ったので。
普段使いのバッグには、お財布、カードケース、スマホ、小型の化粧ポーチ、メガネなどの他、ドクターのアポとかで待つ場合に持って行くこともある本なども入れられるそこそこのサイズのものが良いなあ〜ということで見つけたのが、下の写真右のショルダーバッグ。

アメリカではpebble leatherと呼ばれる、ザラザラした加工を加えたレザー使いのバッグです。中古だから、ところどこに擦れたところがあるものの、目立つ傷なども無いし、中張りの布はとても綺麗なので満足の品。

その横に並んでいるのは、アメリカではあまり知られていないようですが、本国イギリスと日本ではそれなりに知られているようであるブランド、Radley=ラドリーの看板商品のポケットバッグ。マスコットのわんこのタグが付いているのがとてもラブリーなブランドです。ラドリーのポケットバッグには3種類のサイズがあって、これは一番小さいサイズだけど、外側と中側にジッパー付きのポケットがあるのが便利そう。でも、これを衝動買いしてしまった最大の理由は内側の布張り。


タグのわんこと同じスコッチテリア風のわんこ模様なんですよ〜。この布張り、ラドリーの製品だと皆そうなのかと思ったら、ebayで他にも出品されていたラドリーのバッグや日本で買える新品のラドリーのバッグには無かったんですよね。そういう意味では、めっけもんだったかも?と自己満足。

という具合に、オシャレでも何でもない私は、この機会にフルラとかラドリーとか、それまでは聞いたことも無かったブランドについて学んだわけですが、リーズナブルだけど質の良いブランドということでは、やっぱりコーチが頻繁に登場。じゃあ、夏向きに明るい色のバッグが欲しいと思っていたから、それをコーチで探してみようか、と思い立ち、見つけたのが、下の写真の一番手前に写っている黄色いショルダーバッグ。


実際にはもう少し黄色味の強い色なのですが、Bleeckerというシリーズのモデルの1つみたいです。これは、競りの競争相手が8人ほど居たのですが、娘用のコーチ・バッグを競り落とした時に使ったテクニックで勝ち抜きました〜

コーチのバッグを探していた際に知ったことなのですが、コーチは偽物も結構出回っているようで、その見分け方については、日本でコーチの商品を輸入販売している業者さんのブログ「コーチ専門店『コチガル』の店長ブログ」に詳しく書いてありました。

それで、早速、すでに所有していたコーチのバッグとebayで競り落としたコーチのバッグを検証。その結果、両方とも本物のコーチ製品だということがわかってホッとしました。すでに持っていたバッグの方は、アウトレットで買ったものだったのですが、上のブログの記事に照らし合わせてみたら、本当にアウトレットで買ったことがわかる◎の印が付いていました。ただし、2つ目の製造番号の頭にFが付いていなかったし、Made in Chinaのタグに「・」も付いていなかったので、アウトレット用に作られたものではなく、正規の店で売れ残ったものがアウトレットに流れた商品だということもわかったのも良かったです。ebayで競り落とした黄色いバッグの方は、◎も「・」も無かったので正規の店で売られていたものだということも判明しました。

上にMade in Chinaと書きましたが、最近のコーチ製品はほとんどが中国製みたいで、アメリカ製のコーチが欲しいなら、20年〜30年前に売られていた真性ヴィンテージ品を探すしかないこともわかりました。
で、好奇心から何とーなくebayをブラウジングして見つけてしまった(笑)のが、上の写真の残りの2品。
一番奥に見えているのは、大ぶりのショルダーバッグで、競りではなく「Buy It Now or Best Offer」、つまり「この即決価格で売りますがオファーにも応じます」というやり方で売っていたので、ダメ元で約3/4の値段でオファーを出してみたら意外にもオーケーが出てビックリ!調子に乗って、もう1品、競りのスタート価格を高めの値段で設定したためか、誰も競りに参加していなかった中型サイズのショルダーを最低価格で競り落としてゲット。こちらは送料がタダだったので、さらに得した気分。♪

でも、ハッと気付いたら、1ヶ月の間に、娘の分も入れると何と6個もebayでバッグを買ってしまっていたんですね〜。衝動買いもいいところで配偶者も呆れ顔。ちょっと反省…でも、6個のバッグを買うのに使ったのは200ドルたらず。新品だったら、200ドルじゃブランド品なんて買えないから!と、配偶者には変な自慢して済ませておきました。(笑)

本当は、この後、薄地の普段使いジャケットをebayで衝動買いする”事件”もあったのですが、それはまたの機会に書きます。

Friday, July 8, 2016

インテンシブ・サマー・プログラム@ピッツバーグ・バレエ・シアター

既に折り返し点を超えてしまいましたが、6月20日から娘が参加しているピッツバーグ・バレエ・シアターのインテンシブ・サマー・プログラム(ISP)は順調に進んでいるようです。
去年は、親元離れての初めての寮生活ということもあってなんとなく心配で、しょっちゅうテキストしては様子を聞いてウザがられたものでしたが、2年目の今年は勝手知ったる、というか、だいたい見当がつくので、かなり放ったらかし。ルームメイトも、いつものバレエ教室で仲の良いクラスメイトだから、そちらも心配無しだし。
面白いもので、こちらから連絡しないと、逆に娘の方から、テキストしてきたり、電話でクラスの様子を報告するようになったりしています。
お気に入りの先生も居るようだし、同じレベルで仲良くなった子もできたようだし、楽しくバレエ修行しているようです。

ピッツバーグ・バレエ・シアターのISPで一番楽しみにしていたのは振り付けのワークショップ。事前に音楽を探して、作品のテーマを決めてワークショップ参加を申請。結局、19人の生徒が参加しているそうですが、最終日前日の振り付け作品発表会に全員が参加できるかどうかは知らされていないとのこと。せっかくだから参加させてもらえるといいのですが、どうでしょうね。
振り付け作品は、自作自演できないそうで、同じレベルのクラスメイトを選んで頼んで踊ってもらうことになっているとか。娘が頼んだのは「オールアラウンドで上手」だという中国系アメリカ人のGちゃん。もともとはパドドゥだったのですが、この子なら!と思った男の子は、生徒の振り付け作品には出たくないと断られてしまったそうで…(苦笑)まあ、なんとかソロ用に作り直せるそうなので大丈夫そうですが。

振り付けの一部を携帯メールで送ってくれた動画をキャプチャ
Gちゃんは小柄な子みたいですね

足のケガの問題もぼちぼち出てきて、フィジカルセラピストにかかったりもしているようですが、あと2週間、どうにか持ちこたえてもらいたいものです。

Tuesday, July 5, 2016

6月に試写で観た映画3題

ありがたいことに、臨時のお仕事をいっぺんに3本もいただいて、6月中旬から7月初めにかけて締切ラッシュだったため、ブログを書く暇など全く無くて放ったらかし状態になってしまった。ちょっと反省。

そこで6月中に試写で観た映画3本を簡単にご紹介。

まずは「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」。


外れることが滅多にないピクサー作品なので、安心して観ていられるのが嬉しい。
今回も、それぞれのキャラが丁寧に作られているし、ストーリー展開のひねりもお見事。クライマックスの脱走シーンなんて、よくぞこんな事まで考えついたなあというストーリー・アイディアの宝庫だった。映画はストーリーが命、をモットーに映画作りを続けてきたピクサーらしい上質の作品。もちろん映像のクオリティも一級品。特に水のテクスチャーは素晴らしかった。




次に観たのは、「インデペンデンス・デイ」の続編、「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」。


1作目が1996年の公開だったから実に20年ぶりの続編ということになる。
1作目は大ヒットしたけれど、出来的にはそこそこの作品だったから、その続編となるとほとんど期待なんか無かったけど、まあ暇だったし、タダだし、20世紀フォックスのスタジオ内の試写室が会場だったから、スタジオ内も久しぶりに覗けるしということで、配偶者を誘って行ってきた。
出来は…ま、こんなもんなんだろうね、という凡作です。でも「オイオイ」と突っ込みどころ満載で、大真面目に作っていたんだろうスタッフやキャストには申し訳ないけど笑えるところが多かったなあ。DVDになるまで待って、ピザでも食べながら友達と「ありえねー」みたいにツッコミながら見ると面白い映画かも。




そして最後は、スティーヴン・スピルバーグが童心に帰って作った「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」。


去年の「ブリッジ・オブ・スパイ」みたいに、そつなく出来ている作品だという印象。ビジュアル・エフェクツはすごいです。タイトル・ロールのBFGも、マーク・ライランスという適役の俳優を得て、本当に居るんだよねと思わせるような存在感。子供の時に原作を読んで、この映画を観ていたら感想も違っていただろうなとは思ったけれど、スピルバーグの幼稚っぽいところが露呈してしまったシークエンスはちょっと残念だったかな。
でも、家族連れには満足できるエンターテイメントになっていると思う。

Tuesday, May 24, 2016

ebayにハマってます

ここのところ、ebayで買い物ばかりしています。

きっかけは、お気に入りのトトロの腕時計を娘がぶっ壊してくれたこと。
学校のテストで使うからというので貸してやったら、車を降りる時に時計を入れておいたジップロックバッグをうっかりドアに挟んじゃったと言って文字盤のガラスを粉々にしやがった。
修理できるレベルではなかったので、泣く泣く諦め、新しい腕時計を買うことにした。

私は別にブランド志向ではないけれど、おもちゃみたいな安っぽいファッション時計は嫌なので、キチンとした大人の時計を安く買うのがゴール。
そこで何気にebayをサーチしたら、あらまー、あるある。新品でもかなりのディスカウント。日本のテクノロジーを信頼しているわたくしとしては、やはりセイコーかシチズンかな〜と思って探して見つけたのがコチラ。


本物かどうか、わかったものではないけれど、文字盤の周りにはクズダイヤがあしらってあって、キラキラして綺麗。定価が300何ドルのところ、30ドルぐらいで競られていたので、競りに参加。最初は値動きがあまり無かったので安心していたら、残り時間がわずかになった時点でいきなり価格急騰。実はこの製品、同じ売り手の時計屋がセール価格60ドルで売っていることを知っていたので、競り値が59ドルに上がったところで降りて、60ドルで売りに出されていた方で購入しました。セイコーの新品が60ドルというのはかなりの破格値だと思うので、競りには負けちゃったけど大満足のショッピングでした。

オークションの面白さに味をしめたけど、次は何とか競りに勝ちたい!と思ったので、ebayの競りに勝つコツをネットでサーチして、次に臨んだのは娘のバッグの購入。
2ヶ月ほど前に、友達の誕生日プレゼントのショッピング中、娘にH&Mの小型バッグをねだられたけど、合成皮革のいかにも安物〜という感じで却下。名残惜しそうにしていたのが気の毒だったので、バッグをサーチ。中古でもいいから良いものを買ってあげたかったので、CoachのCross Body Bagという小型のショルダーバッグの競りに参加。ebayの競りに勝つ法を実践してみたら、本当に勝ってしまいました。♫
その戦利品のバッグはコチラ。


デザインらしいデザインの無い、いかにもコーチ、という感じのバッグですが、中古の割には美品でしなやかな革がイイ感じ〜。送料を入れて26ドルちょっとというお安い値段で落札ゲット。

調子に乗って、ついでに娘が前から欲しがっていたビルケンシュトックのサンダルも物色。サンダルだとバッグと違って中古品、特にビルケンは上面に足の裏の跡が付いてしまっているのが多くて、それだとさすがに気持ち良くないので、使用感が少なく、かつデザインも娘の好みに合っていて、さらにお値段も安めで、娘の足のサイズに合うとなれば、前途多難と思われましたが、その時はどうもebay Goddess が微笑んでくれたのかどうか、条件にピッタリ合う品が見つかりました。しかも、この品、販売者がまちがったサイズを表示していたために、40ドルで落札した人が購入をキャンセル。さらに、その後、50ドルで落札した人まで購入をキャンセルしたという経緯があったせいか、競りに参加したのは結局、私だけ。おかげで競りの開始価格29ドル(送料無料)で落札できるという幸運さでした。
娘念願のビルケンはこんな感じ。


おまけの購入=14Kのゴールド・フィルドの15”チェーン。送料無料で$8.24。安っ!



いや〜〜、ebayって楽しいっ!
懲りないわたくし、今度は普段使いのショルダーバッグを物色中です。