Tuesday, February 24, 2015

「バレエ422」

マグノリア・ピクチャーズのサイトより拝借しました

バレエ・ドキュメンタリー「Ballet 422」を観に行った。

「Ballet 422」は、ニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)の団員、ジャスティン・ペックが、NYCBにとって422本目となるオリジナル・バレエ作品を振り付けるプロセスを追ったドキュメンタリーである。
撮影当時25歳だったペックは、映画完成後、ソリストに昇格されたものの、この映画の撮影が進行していた時点ではバレエ団では一番ランクの低いコール・ドの一員に過ぎなかった。そんな彼が、タイラー・ペックやスターリング・ハイルティン、アマー・ラマサーといったプリンシパル・ダンサーを起用してオリジナルのバレエを作れるというところがいかにもアメリカ的で良い。

欲を言えば、振付のプロセスやダンサーも交えての試行錯誤のプロセスが観ていて非常に面白かったので、その過程を時間軸に従ってもう少し丁寧に追って欲しかったと思うのだが、一般の観客にはこの程度に編集されたものの方が飽きないということなのだろうか。







Thursday, February 19, 2015

捨てる神あれば拾う神あり

先週末、カンザス・シティ・バレエのオーディションを受けてきました。

カンザス・シティ・バレエ(KCB)、実は1月中旬に娘のホーム・スタジオでもオーディションがあったのですが、その日はちょうど、フィジカル・セラピーの先生を招いてケガの防ぎ方、みたいな必修セミナーがあったのでスタジオには居たものの、オーディションには参加できませんでした。

ま、「オーディション受けたいので」と言えば、セミナーの方は欠席可だったと思いますが、失礼ながら、KCBなんてその時まで存在すら知らなくて、全然視野に入っていなかったのです。KCBのことを知ったのは、元PNB団員のS先生が熱心に薦めたのがきっかけでした。前述のフィジカル・セラピー・セミナーに出席していた娘たちを待っている時に、S先生が通りかかったので「S先生、PNBのオーディションに合格する秘訣って何なんですかねえ?」と何げに話しかけたら、「僕が今年強く薦めたいのはKCBなんだよ。ゲストの指導陣がすごく良さそうだから。結局、サマーインテンシブって、誰が教えるのかということに尽きると思うんだよね」という返事がかえって来たのでした。

幸い、KCBはLAの他に南カリフォルニアではオレンジ郡のアーバインで2月の中旬にもう1度オーディションを受けるチャンスがあることが判り、それにチャレンジすることにしたのですが、当日、オーディション会場に行ってみたら、なんと受験者は娘ともう1人の2人だけ。こりゃあ、ボロ出せないわ...と娘はビビったとか。
オーディションの間は、ダンナと2人でカフェで待機。私は仕事の締め切りがあったのでオーディション終了後、ダンナ1人を迎えに行かせたのですが...
戻って来た2人が話すことには、オーディション後、先生(KCBスクールのディレクター=校長先生)が傍にやって来て「あなた、とても良かったわ。非公式だけど合格にします。向こうに戻ってから予算を確認しないといけないけれど、受講料も一部スカラシップを出せるかもしれません」と告げたとか。これまでスカラシップなんてまるで無縁だったウチの娘もダディも、一瞬ポッカーン状態だったそうで。(笑)
正式な通知は10日後ぐらいにメールで、とのことだったけれど、オーディションの翌々日にメールで、合格の旨と500ドルのスカラシップを出しますとの通知がありました。
500ドルなんて大した金額ではないけれど、「私たちの学校に是非、来てください」という招待を受けたことになるのだと考えるとありがたい限りです。

ウエイト・リストになっているボストン・バレエは3月1日までに合否の返事をくれることになっているけれど、娘の気持ちは早くもKCBに傾いているようです。
それまでのオーディションが全て思い通りにいかなくて、それなりにガッカリしていただけに、オーディション終了後、その場で合格をもらい、おまけに少額ながらスカラシップも出たことにだいぶ気を良くしているみたいで。(笑)

KCBスクールのサマーインテンシブのプロモビデオ。0:15ぐらいに登場するのがオーディションをしたディレクター先生。



Wednesday, February 18, 2015

「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」


もう先週のことになってしまうけれど、「キック・アス」や「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督、マシュー・ヴォーンの新作「Kingsman: The Secret Service」を試写で観た。

ハリー・ハート(コリン・ファース)は優秀なるシークレット・サービス・エージェントだったが、捕えたテロリストが爆弾を持っていることを見抜けずに部下を死なせてしまう。「夫を返して!」と泣いて責める部下の妻に言葉を失ったハリーは、部下が遺した幼い息子に「一生に一度の困った事になったらこの番号に電話しなさい」と、番号の付いたメダルを息子に渡して去る。
17年の歳月が過ぎ、幼かった息子エグジー(タロン・エガートン)は、暴力を振るう継父に支配された荒んだ家庭に育ち、敵対関係にある近所の不良の車を盗んで大破させたかどで逮捕される。弁護士に頼む余裕も無く窮したエグジーは、ふと17年前にもらったメダルのことを思い出し、裏に書かれた番号に電話してみると...

「Kingsman: The Secret Service」は、コミックを原作としているだけあって、アクション・シーンはすごく漫画的。ヴォーンも、同様の作風をウリにしている映画作家なので、素材と監督との相性が実にピッタリと合って成功している。ただし、漫画的とはいえ、或る1シーンは凄まじいバイオレンスが展開するので、そういうのが弱い向きにはオススメできないかも?
それにつけても、コリン・ファースにしてもスパイ中のスパイ、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグにしても、英国人俳優はスーツを着こなすのが本当に上手い。本物のMI6のエージェントたちが実際にスーツを着て活躍しているのかどうかはわからないけれど、「高級スーツを隙無く着こなすこと」というのがエージェントの条件の1つなんじゃないかと思うぐらい完璧な装いっぷりでした。




Wednesday, February 4, 2015

さあ、どうしたものか...

先週末のパシフィック・ノースウェスト・バレエ(PNB)は、予想通り、今年もダメでした。2012年、2013年、2014年、2015年と4年連続の玉砕でございます。
本人曰く、オーディション自体は楽しかったんだけど、やはり、過去に3年連続不合格だったという先入観があったからか、受けている最中に「ダメかも〜」と思い始めてしまったとか。
それを聞いて何だか、かわいそうになっちゃいました。

実は、数週間前に、PNBの団員だった、ホームスタジオの先生とオシャベリする機会があって、PNBがどんな人材を求めているのかを聞いたら、5〜6年前に元NYCBのピーター・ボールがディレクターになってからは、背が低めで筋肉がガッツリついたタイプが好まれるようになったとか。(詳しくはこの日の日記のコメント欄参照してください。)
フィジカル・セラピーの先生にその話をした時も、「そう言えば、2年前ぐらいにPNBの公演を観たら、出てくるダンサー出てくるダンサー、皆、器械体操の選手みたいな感じで、全然バレリーナっぽくなかったわね」とのこと。

片思いなんですかねえ、やっぱり...

もちろん、背が高くたって実力があってしっかり受かっている人も沢山居ると思いますが、うちの娘はその限りではなかったということなのでしょう。

その前週末に受けたボストン・バレエも、ウエイト・リスト(合格者の辞退待ち)という結果に終わり、受講許可をもらったABTのカリフォルニア会場はやはり行きたくない、ということで見送り、結果、今年の夏はどこにも行く所が無い〜〜〜という状況になっています。

来週末以降に受けられるバレエ学校のオーディションも一応、何校かあって、その中では、前述の元PNB団員の先生がオススメだと言っていたカンザスシティ・バレエも含まれているので、あともう1校だけ受けてみようか、と話しています。

それにしても、サマープログラムのオーディション、年齢が上がるにつれ、合格が難しくなるとは聞いていましたが、本当にその通りだったという事を身をもって体験している娘なのでした。

Monday, January 26, 2015

ボストン・バレエ オーディション

写真はSouth End Bostonというサイトから拝借しました

先週末は、オーディション第3弾、ボストン・バレエのオーディションがありました。

ボストン・バレエは、10歳〜14歳がニュートン・スタジオ、15歳〜19歳が本拠地のボストン・スタジオで行なわれるゆえ、オーディションも10歳〜14歳と15歳〜19歳の2グループに分けられていました。
ただし、ウチの娘のように、サマー・プログラムが始まる前に15歳になる応募者は、他の年齢グループとは分けられ、アプリケーション・フォームも違う色の物が渡されたとのこと。

じゃ、オーディションの内容も違ったの?と聞いたら、それは一緒だったと。
ということで、10歳の子でも踊れるようなコンビネーションばかりだったので、オーディションの内容自体はかなり易しいものだったそうです。
でも、娘たち、「もうすぐ15歳グループ」は、ボストン校のプログラムを対象に審査されると思うので、それだけ基準も厳しくなるはずだから、ちょっと心配... 
10歳〜14歳の参加者は全部で70人。うち10人ぐらいが「もうすぐ15歳グループ」だったそうですが、去年のボストン・バレエのオーディションについて書いたブログをチェックしてみたら、去年の参加者は37人だったので、今年はその倍近い人数となり、その分、競争率も上がっていることになり、それも不安材料です。

今年は、先に書いたサンフランシスコ・バレエは不合格。ABTも、希望のニューヨーク会場への参加は許可されず、2年前と同じカリフォルニア会場への参加のみ許可されたという結果になっているので、娘の自信はかなり落ち込み状態。
来週末に控えているPNBは、過去3回、全て不合格だったから、今年も合格は望めないゆえ、せめてボストン・バレエには受かってもらいたいものですが、どうでしょうか...

Tuesday, January 13, 2015

2015年、オーディション・シーズンが始まりました

今年も、バレエ学校のサマーインテンシブ・プログラムのオーディションが各地で始まりました。

娘が今年チャレンジすることにしたのは、去年と同じPNBことパシフィック・ノースウェスト・バレエ(永遠の片想いバレエ学校—笑)、ボストン・バレエ、一昨年に友達の付き合いで受けてみたら合格したけれど参加は見合わせたABTことアメリカン・バレエ・シアター、そして初挑戦のサンフランシスコ・バレエの4校です。

今年の最初のオーディションは、サンフランシスコ・バレエ(SFB)。

写真はサンフランシスコ・バレエ・スクールのサイトから拝借しました

会場は、娘のホームスタジオだったので、同級生も多く、リラックスした雰囲気の中で受けられましたが、100人以上の応募があったため、2グループに分けてオーディション。娘は2番目のグループになってしまったため、3時半にチェックインしたけれど、終わったのは7時半。「待ち疲れたよ〜〜」とブツブツ言っておりました。
SFBのオーディションは、他の学校のオーディションに比べると、若干、難易度が高かったそうですが、すぐに出来ないようなコンビネーションは無かったし、転んだりグラついたりすることも無く、無事に踊れたそうです。SFBはバランシン・スタイルではないので、ピルエットの構えの脚などが違ったそうですが、それも何とか周りに合わせることができたようです。ただ、ポアントは、センターでコンビネーションを2つ踊らされただけで、拍子抜けしたとか。もっとも、他の学校のこれまでのオーディションでも、ポアントを履かせる時間はすごく短かったので、少なくとも15歳ぐらいまでの年齢グループは、ポアント以外の点に重点が置かれているということになるのかと思います。


SFBのオーディションの翌日は、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)のオーディションがありました。
写真はアメリカン・バレエ・シアターのサイトから拝借しました

ABTは全米にサマー・インテンシブ会場が5箇所もあるゆえ、オーディション会場も26箇所に上り、毎年、大人数が参加するため、娘が参加したカリフォルニア州ロングビーチの会場では、土、日の2日間、オーディションが行なわれ、最初から2グループに分けられてのオーディションになっています。
ABTのオーディションでのルーティンは、SFBより難易度は低かったそうですが、さすがに2年前に受けた時より年齢グループが1つ上がったことで、憶えている限りでは2年前のオーディションよりもう少し難しいことをやらせたそうです。ただ、ここでもポアントは最小限しか踊らなかったそうで、センターでのコンビネーションを1つやったのみ。娘より1つ下の年齢グループ(11歳〜13歳)では、ポアントはバーにつかまっての動きだけだったとか。

結果が判るのは、いずれも2週間後ぐらい。
サマーインテンシブに初チャレンジした3年前は、結果が出るのをすごーくヤキモキして待ったものですが、今年はオーディションを受けるのも4回目で、「まあ全部落ちちゃったら、去年と同じCPYBに行くという選択は残されているわけだし、あるいは夏休みは日本に帰省して、戻ってからホームスタジオのサマープログラムを受けてもいいしね〜」と、何だか御気楽に考えているところがあります。慣れって恐いですな。

Sunday, December 28, 2014

「くるみ割り人形」2014

今年も、やっと「くるみ割り人形」の公演が終わりました。(って、終わってから既に1週間が過ぎていますが...)

今年は2週間に渡り、一般向けの公演が9公演あったのに加え、サンタモニカの学校区の小中学校生に披露した短縮版が2公演、ウエストサイド・バレエと付き合いのあるNPOの団体の関係者を招待したドレス・リハーサル(と言っても先生たちからの注意も無し、止める事も無しの、ほぼ本番通りのもの)が1回と、計12回も踊るハードな年でした。
途中、まず私が風邪をひき、続いて娘も風邪っぽくなり、2週末の間には3日間も学校を休んでしまい、一時はどうなるかと思いましたが、最後まで穴をあけることなく踊りきりました。やれやれ...
去年は4公演だけしか無かったので、チケットはずいぶん早い時期にチケットが売り切れてしまったのですが、今年は9公演もあるから空席の目立つ回も出て来るのだろうと思いきや、公演が始まる数日前には、全席売り切れ。499人を収容する劇場なので、4500人近い人数の御客様が観にきてくださったことになります。ありがたいことだけれど、この分だと気を良くしたプロデューサーやオーナーは、来年も同じぐらいの回数の公演を敢行することになりそうで、娘も私も来年は風邪をひかないだけの体力を養っておかねば〜〜

今年は、以前はニューヨーク・シティ・バレエのプロモビデオなども撮っていたという人が、ウエストサイドのアダルト・クラスを取り始めたという縁で、独自にリハーサル中に撮影したビデオを公開しているので、アップしてみました。

ShelbySnowQueen from Drew Roublick on Vimeo.

娘は群舞の雪の精の1人を踊っています。
最初と最後に登場するスノウ・クィーンを踊っているのは、13歳のSちゃん。今年も去年も、オーディションを受けた有名バレエ学校の全てからサマーインテンシブ・プログラムのスカラシップのオファーを受けたという、天才バレエ少女です。でも、学校の勉強もすごーく出来るという天が二物を与えちゃった子だそうなので、今後、プロを目指すかどうかは、ビミョーなんだとか。もったいなーい〜〜!!