Thursday, March 24, 2016

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」


正義の味方バットマンと同じく正義の味方スーパーマンが対決するという「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」を試写で観た。

世の中の悪と闘うスーパーヒーローたちの中でもとりわけメジャーなバットマンとスーパーマンがなぜ敵同士に??というのが、この映画を観る人の疑問になるのだと思うのだけれど、それがあまり上手く説明されないまま、ストーリーがどんどん進んで、「なんだか知らないけど、バットマンはスーパーマンのことを良く思っていないらしいので、宣戦布告することになった」という感じ。
そして、その消化不良は最後まで解決しない。
バットマンとスーパーマンは、DCコミックのスーパーヒーローたちが結集するジャスティス・リーグのメンバーだから、最後にはまあ和解して仲間同士になるわけだけど、その和解をもたらしたのが、また「はあああ???」という理由。

うーん……

スーパーヒーローものって、正直言ってちょっと食傷気味だったのが、この夏の「アントマン」と先月観た「デッドプール」で、少し持ち直したのに、「バットマンvsスーパーマン」を観たら、この後に続くという「ジャスティス・リーグ」ものも、もういいや、という気持ちになってしまった。

最後に、残念に思った他の点をいくつか:

*ベン・アフレックって嫌いな俳優じゃないんだけど、彼のブルース・ウェインはむさ苦しい。無精髭はバットマンには似合いません。マスクから唯一出ている口元が無精髭だらけだと汚っちい感じ〜。ついでに言うと、ジェレミー・アイアンズのアルフレードも英国っぽいのはアクセントだけ。マスター・ブルースに合わせているのか何だか知らないけど、こっちも無精髭で疲れた感じのジイさんに成り果てている。かりにもウェイン家のバトラーなんだからさ、シャキッとしてよ、シャキッと〜!

*ジェシー・アイゼンバーグのレックス・ルーサーは完全にミスキャスト。これまでのルーサーは、ジーン・ハックマンやケヴィン・スペイシーという、バットマンを演じる俳優たちと対等に渡り合える貫禄があったけど、アイゼンバーグじゃダメです。中学生が駄々こねてるみたいで。

*ついでにキャスティングについて言わせてもらえば、優れた俳優たちの無駄遣いが目立った。前述のアイアンズにしてもそうだけど、ロイス・レーン役のエイミー・アダムズ、ペリー・ホワイト編集長役のローレンス・フィッシュバーン、フィンチ上院議員のホリー・ハンターなどなどと、彼らじゃなくても全然オッケー!な役ばかり。もったいないにもほどがある。

*こういうスーパー・ヒーロー映画って、コミックが原作なだけに、リアリズムより派手なスペクタクル重視なわけだけど、もう1つ重要だと思うのはユーモアのセンスだと思う。前述の「アントマン」や「デッドプール」はコメディという立ち位置だから、比較にならないとは思うけれど、「アイアンマン」にしても「マイティ・ソー」にしても所々でププッと笑える洒落たセリフやシチュエーションを用意してくれていたけど、この映画にはそれがゼロ。ジョーカーじゃなくても、Why so serious?って言いたくなっちゃうよ。

予告編はこれなんだけど



ここにも登場するシーンを、ジミー・キンメルのトークショーがパロディにしたのがコチラ(パロディは3分ぐらい入ったところから始まります):



*最後に登場する人は、キンメルのトークショーになかなかゲスト出演させてもらえないというジョークが続いている人なので、キンメルのトークショーのファンには可笑しさ2倍になっているというわけです。

こっちのバージョンの方が観たかったかも〜〜(毒)

Sunday, March 6, 2016

モダンのクラス

先週は、娘のバレエ教室ではクラスが見学できる週だったのだけれど、金曜日は、特別講師を招いてのモダンのクラスでした。
バレエ教室のディレクターは、最近、大学の舞踊科のオーディションやサマープログラムのクラスに際してはバレエだけではなく、モダンやジャズの実力も必要だからという考えで、時々、モダンのクラスをオファーしてくれるようになりました。教室の創設者のイヴォンヌ先生は、いわゆるold school=昔風のバレエの先生だったので、そういう事は一切無かったのですが、今のディレクターはいろいろと新しい試みを積極的に採り入れてくれるのがとてもありがたいことだと思っています。

今回のモダンの講師は、ロシア出身のセルゲイ・ケイリックというダンサー/コリオグラファー。

Sergey Kheylik

ボリショイやウィーンの国立オペラの付属スクールで正統派クラシック・バレエ教育を受けた後、ドイツのジョン・クランコでモダンの教育を受けた人で、クラシック・バレエの文脈の中で自由な表現を取り入れた振付に定評があるダンサー/コリオグラファーみたいです。



音楽もいつものライブ・ピアニストではなくて、自分のiPhoneに録音したデヴィッド・ゲッタ/シーアの「タイタニアム」とかオアシスの「ワンダーウォール」、アデルの「Set Fire to the Rain」などの今どきのポップミュージックを使用。クラシック・バレエのボキャブラリーを使いながらも、手の使い方、頭の付け方といったディテールが違っていたり、音楽のリズムの取り方が違っていたりして、戸惑う子も居る一方、バレエよりも活き活きと踊っている子も居て、観ていてとても面白かったです。
クラスは撮影禁止なので、残念ながらビデオは撮れなかったのだけれど、セルゲイが他所で教えたクラスの映像が見つかりました(この2つのクリップに出てくるステップは娘たちのクラスで教えたものと全く一緒です):





バレエ教室の先生たちもクラスを見学し、終わった後でディレクターは「皆、楽しそうだったから、是非またセルゲイのマスター・クラスをしましょうね」と言っていたとのこと。娘も楽しんだようなので、次の機会が楽しみです。

Sunday, February 21, 2016

「デッドプール」


X-MENユニバースのメンバーの1人、デッドプールが主役の「デッドプール」を試写で観た。

ハリウッドは相変わらずスーパーヒーロー映画が大好きで、映画はもちろん、最近はTVにまでスーパーヒーローが進出。正直、食傷気味になってきていたので、「デッドプール」の試写の案内が来た時にも行くべきか否か迷ったのだけれど、信号待ちしていた時に工事中の建物を囲んだ壁に貼ってあったポスターを目にした。それが、上のバージョン。デッドプールが手でハートを作っているもの。
これを見て、「もしかして、『アントマン』のようにギャグ入ったスーパーヒーローものだったりする?」と思い、予告編を見てみたら、うん、これは楽しそうだな、と思って観に行ってきた。

いやあ〜〜〜、楽しかったですねえ。
まず、オープニング・クレジット。普通は主演俳優の名前が出て「A Film by ***」と監督の名前が出たりするわけだけど、「デッドプール」のクレジットでは、主演はGod's Perfect Idiot(神が作りたもうた完璧なるバカ)だし、プロデューサーはAsshat(アホ)、そして監督はOverpaid Tool(給料もらい過ぎの能無し野郎)。他にも「セクシーなネエちゃん」、「イギリス人の悪役」、「CGI製のキャラ」、「気分屋のティーン」とか「お笑い担当」などなど、観客がドッとウケる文字が並んで、これはフツーのスーパーヒーロー映画じゃないよと、作品のトーンをしょっぱなから設定。これは賢いと思った。

「デッドプール」は、ウェイド・ウィルソンがいかにしてデッドプールになったかというデッドプール誕生の経緯とそこに関わる敵をデッドプールが倒していくまで描くのだけれど、ライアン・レイノルズ演じるデッドプールのキャラはもちろん、彼の台詞を中心とした会話が「そこまで言うか?」的な表現満載の過激ユーモアで可笑しい。こういうのが駄目な人は全くついていけないと思うけれど。
ついていけない、と言えば、暴力描写も凄いです。一緒に観に行ったツレはちょっと引いてました。
だから、若いニイチャンたちにウケそうなユーモアや激しい暴力描写が駄目な人にはオススメしません。

でも、私は笑ったなあ〜。久しぶりに爽快な気分になれる映画でした。

⬇日本のファンが作ったらしき予告編。公式予告編は、実際に観る時まで取っておいて欲しいかも、というシーンが結構出てきて残念なので、それよりは若干マシなこちらを貼っておきます:


Friday, February 19, 2016

「ズーランダー2」


ベン・スティラーのコメディ「ズーランダー」の続編「ズーランダー2」を試写で観た。

「ズーランダー」は、ベン・スティラー演じるタイトル・ロールのモデル、デレク・ズーランダーを中心にモデル界で繰り広げられる騒ぎを描くオバカコメディで、それなりに楽しめたので続編も期待して観に行ったのだが、あまりに粗雑な出来でガッカリ。

映画は、第1作の終わりでズーランダーが建てた子供学習センターが崩壊して、愛妻マチルダを失ったズーランダーが隠遁生活をおくっている、というところから始まるのだが、ストーリーの構成なんてあったもんじゃない、というか、「サタデー・ナイト・ライブ」の出来の悪いライターが書いたスキットの寄せ集めのような印象を受けるお粗末なコメディだった。

コメディなんて笑えてナンボ。特にオバカコメディで笑えないというのは最悪。もしかしたら第1作から15年経ったということで、私が歳を取ったから〜?などとも考えたけれど、公開後にRotten Tomatoesでチェックしたら評論家の支持度は23%だったので、やっぱり〜〜と納得。
試写会で観に行ってタダだったし、映画館も比較的近い場所だったのでまだ許せるけど、これを15ドルとか払って観させられたんだったら怒ってたな。



Sunday, February 7, 2016

「ヘイル、シーザー!」


ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の新作「ヘイル、シーザー!」を試写で観た。

コーエン兄弟は、基本的にノーテンキで楽観的なハリウッド映画とは一線を画し、ダークなユーモアを交えながら人間の本質をえぐるような作品を撮るところが大好きな監督/脚本家デュオなのだが、「ヘイル、シーザー!」も、大笑いしながら「うーん、鋭い...」と思わせるところがある作品だった。

舞台は1950年代のハリウッド。「ヘイル、シーザー!」の主役、エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、キャピタル・ピクチャーズの製作部長だが、映画の製作陣頭指揮を取るだけに留まらず、駆け出し女優のスキャンダルを未然に防いだり、演技力ゼロの西部劇スターにキレる大物監督をなだめたり、未婚の人気女優の妊娠問題を解決したりと、フィクサー的な役割も果たす毎日をおくっている。そんな或る日、ローマ時代を舞台にした史劇「ヘイル、シーザー!」の主演スター、ベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐されるという事件が起きる...

この映画の楽しみの1つは、何と言ってもコーエン兄弟お気に入りのクセのある俳優が揃っているキャストだろう。前述のブローリン(過去のコーエン兄弟出演作は「ノーカントリー」+「トゥルー・グリット」)、クルーニー(「オー・ブラザー!」+「ディボース・ショウ」+「バーン・アフター・リーディング」)の他にも、スカーレット・ヨハンソン(「バーバー」)、ティルダ・スウィントン(「バーン・アフター・リーディング」)、そしてジョエルの妻でコーエン兄弟作品常連のフランセス・マクドーマンドらの面々が、相変わらず強烈な演技を見せてくれる。
もう1つ見逃せないのが、1950年代にハリウッドで量産されていた映画のオマージュ的パロディの数々。タイトルになっている史劇「ヘイル、シーザー!」は明らかに「ベン・ハー」のパロディだし、他にも「水着の女王」やジーン・ケリー風ミュージカル(誰が主演スターを演じているかはお楽しみに!)、歌うカウボーイが出てくる西部劇、白黒で撮影されたメロドラマなどなどと、映画通だったらニヤリとしてしまうシークエンスが連続して飽きることが無い。

同じハリウッドを舞台にしたコーエン兄弟の「バートン・フィンク」のダークさは無いが、その分、文句無く楽しめるコメディになっている。

Wednesday, February 3, 2016

結果は一勝一敗

今年のオーディション、一番最初に受けたピッツバーグ・バレエ・シアター(PBT)に合格し、2番めのオーディションだったボストン・バレエは不合格という一勝一敗の結果に終わりました。

PBTは初めての挑戦だったけれど、オーディションを指導した先生との相性が良かったのか、楽しいオーディションだったそうなので、予想通りの結果だったようですが、ボストンの方は、不合格通知を受けたことを本人に伝えた際に「え〜、わりと手応えは良かったのに」とちょっと驚いた様子でした。まあ、風邪をひいて予定の日に受けられず、翌日にちょっと無理してオーディションを受けに行ったこともあったし、70人を優に超える人数だったということで条件が悪かったのも確かなので、仕方ないですね。
救いなのは、PBTの方が先に結果が出て、オーディションが好印象だったことに加えて振付のクラスもあったりすることで、本人、すっかり行く気になっていたため、ボストンの不合格の知らせもそれほど気にしなかったことでしょうか。

PBTに行くことに決めてしまったので、その後に予定していたカンザスシティ・バレエのオーディションは受けないことにしました。
ということで、今年のサマーインテンシブのオーディションは僅か2校を受けただけ。なんか拍子抜けするような気もしたけれど、入る見込みも無いプログラムを受けても無駄だし、受かっても気が進まないプログラムを受けても仕方ないし、ということで、効率的な年だったと考えるようにします。

PBTは、日本のバレエコンクールで入賞してスカラシップもらったりサマーインテンシブの受講許可をもらったりして参加する日本人バレエ生徒たちも多いようなので、日本人バレエ友達が出来たりするのも楽しいかも〜〜?と娘と話しています。

Sunday, January 17, 2016

ボストン・バレエ オーディション

今日は、2016年サマーインテンシブのオーディションの2校め、ボストン・バレエのオーディションでした。
最寄りのオーディション会場の日程は昨日だったのだけれど、木曜日の夜から風邪で撃沈した娘は昨日はまだ踊れる状態ではなかったので、1日後の今日がオーディション日の隣の郡の会場まで高速を1時間ほど飛ばして行って来ました。

ボストン・バレエは、一昨年、まだニュートン校の年齢だった時に受けた際は合格、昨年、ボストン校に入れる年齢に達した時に受けた際はウエイトリストに載せられたけれど最終的には入れなかったという経過のある学校なので、今年もビミョー、といったところでしょうか。
娘が受けた15歳〜19歳のグループは、女子の受験者が68人、男子の受験者は10人という人数だったそうです。先週受けたピッツバーグ・シアターは全年齢で32人という人数だったから単純計算をしても2倍以上の参加人数になります。バレエ情報交換サイトでも全米各地のボストン・バレエのオーディション会場の参加人数は70人〜100人という所が多いようでした。
オーディション時間は2時間半という設定でしたが、実際には2時間ほどで終了。ポアントはコンビネーションを1つ踊らせただけ、というあっさりしたものだったというのは意外でした。ニュートン校対象の11歳〜14歳のグループならともかく、年齢的に3年以上はポアントを履いているはずの年齢層の生徒の受験でポアントをあまり見ないというのはいかがなものですかね?と。まあ、フラットシューズで踊らせるだけで観る人が観れば実力が判る、ということなのかもしれませんが。

娘の感想は、「まあまあかな〜」と良くもなく悪くもなく、といった感じ。
親の私の印象では、ピッツバーグのオーディションの方が楽しめたのかも?と思いましたが、今日はまだまだ鼻をグズグズさせた風邪っぴき状態での受験だったので、体調の良し悪しも関係したのかな。
まあ、今年は不合格だったら風邪のせいにできるから、ま、いっか〜〜(笑)