Monday, January 26, 2015

ボストン・バレエ オーディション

写真はSouth End Bostonというサイトから拝借しました

先週末は、オーディション第3弾、ボストン・バレエのオーディションがありました。

ボストン・バレエは、10歳〜14歳がニュートン・スタジオ、15歳〜19歳が本拠地のボストン・スタジオで行なわれるゆえ、オーディションも10歳〜14歳と15歳〜19歳の2グループに分けられていました。
ただし、ウチの娘のように、サマー・プログラムが始まる前に15歳になる応募者は、他の年齢グループとは分けられ、アプリケーション・フォームも違う色の物が渡されたとのこと。

じゃ、オーディションの内容も違ったの?と聞いたら、それは一緒だったと。
ということで、10歳の子でも踊れるようなコンビネーションばかりだったので、オーディションの内容自体はかなり易しいものだったそうです。
でも、娘たち、「もうすぐ15歳グループ」は、ボストン校のプログラムを対象に審査されると思うので、それだけ基準も厳しくなるはずだから、ちょっと心配... 
10歳〜14歳の参加者は全部で70人。うち10人ぐらいが「もうすぐ15歳グループ」だったそうですが、去年のボストン・バレエのオーディションについて書いたブログをチェックしてみたら、去年の参加者は37人だったので、今年はその倍近い人数となり、その分、競争率も上がっていることになり、それも不安材料です。

今年は、先に書いたサンフランシスコ・バレエは不合格。ABTも、希望のニューヨーク会場への参加は許可されず、2年前と同じカリフォルニア会場への参加のみ許可されたという結果になっているので、娘の自信はかなり落ち込み状態。
来週末に控えているPNBは、過去3回、全て不合格だったから、今年も合格は望めないゆえ、せめてボストン・バレエには受かってもらいたいものですが、どうでしょうか...

Tuesday, January 13, 2015

2015年、オーディション・シーズンが始まりました

今年も、バレエ学校のサマーインテンシブ・プログラムのオーディションが各地で始まりました。

娘が今年チャレンジすることにしたのは、去年と同じPNBことパシフィック・ノースウェスト・バレエ(永遠の片想いバレエ学校—笑)、ボストン・バレエ、一昨年に友達の付き合いで受けてみたら合格したけれど参加は見合わせたABTことアメリカン・バレエ・シアター、そして初挑戦のサンフランシスコ・バレエの4校です。

今年の最初のオーディションは、サンフランシスコ・バレエ(SFB)。

写真はサンフランシスコ・バレエ・スクールのサイトから拝借しました

会場は、娘のホームスタジオだったので、同級生も多く、リラックスした雰囲気の中で受けられましたが、100人以上の応募があったため、2グループに分けてオーディション。娘は2番目のグループになってしまったため、3時半にチェックインしたけれど、終わったのは7時半。「待ち疲れたよ〜〜」とブツブツ言っておりました。
SFBのオーディションは、他の学校のオーディションに比べると、若干、難易度が高かったそうですが、すぐに出来ないようなコンビネーションは無かったし、転んだりグラついたりすることも無く、無事に踊れたそうです。SFBはバランシン・スタイルではないので、ピルエットの構えの脚などが違ったそうですが、それも何とか周りに合わせることができたようです。ただ、ポアントは、センターでコンビネーションを2つ踊らされただけで、拍子抜けしたとか。もっとも、他の学校のこれまでのオーディションでも、ポアントを履かせる時間はすごく短かったので、少なくとも15歳ぐらいまでの年齢グループは、ポアント以外の点に重点が置かれているということになるのかと思います。


SFBのオーディションの翌日は、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)のオーディションがありました。
写真はアメリカン・バレエ・シアターのサイトから拝借しました

ABTは全米にサマー・インテンシブ会場が5箇所もあるゆえ、オーディション会場も26箇所に上り、毎年、大人数が参加するため、娘が参加したカリフォルニア州ロングビーチの会場では、土、日の2日間、オーディションが行なわれ、最初から2グループに分けられてのオーディションになっています。
ABTのオーディションでのルーティンは、SFBより難易度は低かったそうですが、さすがに2年前に受けた時より年齢グループが1つ上がったことで、憶えている限りでは2年前のオーディションよりもう少し難しいことをやらせたそうです。ただ、ここでもポアントは最小限しか踊らなかったそうで、センターでのコンビネーションを1つやったのみ。娘より1つ下の年齢グループ(11歳〜13歳)では、ポアントはバーにつかまっての動きだけだったとか。

結果が判るのは、いずれも2週間後ぐらい。
サマーインテンシブに初チャレンジした3年前は、結果が出るのをすごーくヤキモキして待ったものですが、今年はオーディションを受けるのも4回目で、「まあ全部落ちちゃったら、去年と同じCPYBに行くという選択は残されているわけだし、あるいは夏休みは日本に帰省して、戻ってからホームスタジオのサマープログラムを受けてもいいしね〜」と、何だか御気楽に考えているところがあります。慣れって恐いですな。

Sunday, December 28, 2014

「くるみ割り人形」2014

今年も、やっと「くるみ割り人形」の公演が終わりました。(って、終わってから既に1週間が過ぎていますが...)

今年は2週間に渡り、一般向けの公演が9公演あったのに加え、サンタモニカの学校区の小中学校生に披露した短縮版が2公演、ウエストサイド・バレエと付き合いのあるNPOの団体の関係者を招待したドレス・リハーサル(と言っても先生たちからの注意も無し、止める事も無しの、ほぼ本番通りのもの)が1回と、計12回も踊るハードな年でした。
途中、まず私が風邪をひき、続いて娘も風邪っぽくなり、2週末の間には3日間も学校を休んでしまい、一時はどうなるかと思いましたが、最後まで穴をあけることなく踊りきりました。やれやれ...
去年は4公演だけしか無かったので、チケットはずいぶん早い時期にチケットが売り切れてしまったのですが、今年は9公演もあるから空席の目立つ回も出て来るのだろうと思いきや、公演が始まる数日前には、全席売り切れ。499人を収容する劇場なので、4500人近い人数の御客様が観にきてくださったことになります。ありがたいことだけれど、この分だと気を良くしたプロデューサーやオーナーは、来年も同じぐらいの回数の公演を敢行することになりそうで、娘も私も来年は風邪をひかないだけの体力を養っておかねば〜〜

今年は、以前はニューヨーク・シティ・バレエのプロモビデオなども撮っていたという人が、ウエストサイドのアダルト・クラスを取り始めたという縁で、独自にリハーサル中に撮影したビデオを公開しているので、アップしてみました。

ShelbySnowQueen from Drew Roublick on Vimeo.

娘は群舞の雪の精の1人を踊っています。
最初と最後に登場するスノウ・クィーンを踊っているのは、13歳のSちゃん。今年も去年も、オーディションを受けた有名バレエ学校の全てからサマーインテンシブ・プログラムのスカラシップのオファーを受けたという、天才バレエ少女です。でも、学校の勉強もすごーく出来るという天が二物を与えちゃった子だそうなので、今後、プロを目指すかどうかは、ビミョーなんだとか。もったいなーい〜〜!!

Friday, December 5, 2014

セレブ・キッズ@「くるみ割り人形」


ウエストサイド・バレエの今年の「くるみ割り人形」公演も、いよいよ来週から連日リハーサルが続く「怒濤の2週間」になります。

ウエスサイド・バレエは、サンタモニカに在るせいか、サンタモニカ、マリブ、パシフィック・パリセイズなどに住むセレブの子供も結構多く通っていて、過去には、ユアン・マクレガーの娘とか、マーティン・スコセッシの映画を多くプロデュースしたアーウィン・ウィンクラーの孫娘とか、去年、「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞を受賞した撮影監督エマニュエル・ルベツキの娘とかが「くるみ割り人形」に出演していたりしました。

今年は、そんなセレブ・キッズの「当たり年」なのか、某オスカー女優の娘、某俳優夫妻の娘、某往年の映画女優の孫娘、そして大物プロデューサーの孫娘と、私が知っているだけで4人のセレブ・キッズたちが初舞台を踏みます。

ちょっと面白いのは、教室のボランティアの仕事関係で、その某俳優夫妻に連絡をする必要があって電話したら、夫の方が電話に応答。でも、最初は名乗らない代わりに「Who's this?」って何度も聞いてくるんですよね。先方は私のことなんか知らないから、どういう人間がどういう用事で電話してきたのか、何度も聞くわけ。仕方ないから私がどういう人間でどういう用件で電話してきたのかを丁寧に説明したら、やっと安心してくれて、会話を始められました。
同様に、私のダンナも某オスカー女優に電話したら「Yeah, this is **. What do you need?」と言われたそうで。「Hi.」も「How are you?」も無しだって。
まあ、そういう立場の人間だと、招かれざる電話も多いだろうから自然とガードが高くなるのはしょうがないんだけどね。

というわけで、今年は劇場の観客席でセレブウォッチングが出来るかな?(←我ながらミーハーだわ—笑)

Tuesday, December 2, 2014

「くるみ割り人形」公演まであと10日!

地元の無料紙に載る記事のために撮影
(写真はトッド・レクティック氏のサイトから拝借しました)

速いもので、娘のバレエ教室の「くるみ割り人形」公演まであと10日になりました。

毎週土曜日の午後のリハーサルはもちろん、11月に入ってからはテクニーク・クラスの後のポアントのクラスもリハーサルの時間に返上。実質週5日、「くるみ割り」を踊っている状態です。

今年、娘が踊るのは「雪の精」の群舞、第二幕のプロローグに登場するエンジェル3人組、「スペインの踊り」、「葦笛の踊り」、そして「花のワルツ」で群舞のリーダーのような役割を果たすデミ・フラワーの5役。「雪」とエンジェル、「スペイン」と「葦笛」の4役は去年と全く同じですが、去年は「花のワルツ」の群舞の1人だったので、そこはちょっとだけ“アップグレード”。あと、小さな違いですが、「雪」では2人だけで踊るシーンの1人になりました。(これは身長ゆえであって、上手さとかはあまり関係無いのですが−笑)

「雪の精」の2人で踊るシーン。ジャーンプ!
(撮影:トッド・レクティック)

メイド喫茶のコスプレ風(?)な衣装の「葦笛の踊り」
(撮影:トッド・レクティック)

今年は2週間に渡り、6日間、計9公演踊るのに加え、地元サンタモニカの小学生たちを無料招待して踊る短縮版が2公演、計11公演も踊るので、体力とケガが心配です。娘は既に、膝と足首の故障を抱えているので11公演も保つかどうか... 週2回フィジカル・セラピーに通いながらの「くるみ割り公演」、もう気分はプロのバレリーナ?(笑)

膝にサポーター巻いたデミ・フラワー
(撮影:トッド・レクティック)

バレエはマゾじゃなきゃ出来ないアートなのであります。(笑−いや、でもマジで...)

Sunday, November 23, 2014

「インターステラー」


観てからだいぶ時間が経ってしまったけれど、クリストファー・ノーランの新作「インターステラー」を試写で観た。

舞台は、食料となる植物が次々と枯れ果てていき、今やトウモロコシぐらいしか育たなくなった近未来の地球。元NASAの宇宙飛行士だったクーパー(マシュー・マコナヒー)は、埃が舞う小さな農場で細々とトウモロコシを育てている。クーパーには高校生の息子と10歳の娘、マーフィ(マッケンジー・フォイ)が居るが、ごく普通な息子に対し、マーフィには夢見がちなところがあり、自分の家にはゴーストが住んでいて自分とコミュニーケイトしていると主張する。そんな或る日、クーパーとマーフィは「ゴースト」が何かを告げようとしていることに気づき、送られた暗号を解いた結果、それが或る場所を示していることを突き止めるが...

普通の監督が作ったら、SFアドベンチャー映画というトーンの作品に仕上がったと思うが、そこは「インセプション」や「メメント」のノーラン。ちゃんと一ひねりも二ひねりも加えてあります。
それにしても、別の惑星に行くと時間の進行が遅くなって、地球に戻った頃には自分の子供の方が自分よりずっと年を取っているというコンセプトは、シュール。もしかして、浦島太郎の行った竜宮城というのは海の中に在ったのではなく別の星だったのかも??なんて思わせられました。



Wednesday, November 12, 2014

フィジカル・セラピー

先週の木曜日のクラス中に膝の後ろの靭帯を痛めてしまった娘ですが、その週の土曜日にちょうどフィジカル・セラピーの先生がスタジオで15分のセッションをしてくれるというので、受けさせたら「とっても良かった!この先生のフル・セッション受けたい!」というので、今日、親子で行ってきました。

このS先生、ロサンゼルス・バレエ御用達フィジカル・セラピストだというだけあって、バレリーナが知っておくべき人体構造や、バレエの動き、ケガに詳しいこと、詳しいこと。1時間のセッションで、傍で聞いている私まですごーく勉強になりました。

写真は、先生のフェイスブックから拝借しました。
(言うまでもないことですが、このダンサーさんは娘じゃあございません−笑)

娘の負傷は、それほどシリアスではないようなので、「くるみ割り人形」のリハーサルも普通に出て良し、とのことで、少しホッとしました。その代わり、膝から下のストレッチのエクササイズと、膝の強化につながる足のエクササイズの宿題を出されました。
3日坊主にならずに、ちゃんと出来るかな...?