Thursday, April 10, 2014

読書した本、2点

3月末から4月はじめにかけて、臨時の御仕事をいただいたため、珍しく多忙な日々。試写にも行けなかったし、ブログの更新もずっとサボってしまった。

久しぶりのブログ、ネタはこれまた久しぶりの読書ネタ。

まずは、以前、ダウンタウンの図書館のインターナショナル・セクションに立ち寄った時に目をつけていた宮部みゆきの「ソロモンの偽証」。
どっしり厚い上に三部作だから、まとまった時間が取れそうな年末年始を狙って図書館にリクエストし、借りて読み始めた。


物語の中心になるのは雪が舞うクリスマス・イヴに、通っていた中学校の屋上から落ちた少年の死。少年が登校拒否になっていたことで、警察も周囲も自殺だったとするが、そこに厄介者として忌み嫌われていた不良少年3人組が殺したという告白状が届いて、その波紋が子供たち、親たち、教師たちを大きく揺らす...

前述したように、「ソロモンの偽証」は3部構成になっていて、第一部は「事件」と題されて、少年の死が与えたインパクトを群集劇風に描く。第二部「決意」は少年の同級生だった女子生徒が、少年の死の真相が解き明かされないまま、うやむやに葬られていくことに我慢できず、自分たちの手で明らかにしようとする過程が描かれる。第三部「法廷」では、少年の死の謎を追及する手段として開かれることになった裁判が展開する。

とにかく、自殺である可能性が高い一少年の死だけを題材にして、2100ページ以上のドラマティックな大作に仕上げた宮部みゆきの筆力はすごい。特に、少年少女たちの人物描写は実に巧く、読み手の頭の中にそれぞれの人物像がくっきり浮かび上がる。私が中学生だったのはン十年前も昔のことだけれど、「こういうヤツ、居る居る」とうなずいたり思わずニヤリとなったり。
日本では映画化が進んでいるようだけれど、こんな大作を2時間ほどの映画にすることによって、登場人物像が薄っぺらくなってしまったり、物語のディテールが省略されてしまったりすることになりそうなのがちょっと心配。こういう作品は、TVドラマシリーズにする方がずっと向いていると思うんだけど。



もう1冊は柚月裕子著の「検事の死命」という短中編を3作あつめた本。


毎週のようにDVDや本を借りてくる近所の図書館の書架で見つけた。柚月裕子という作家の名前は聞いたことが無かったけど、宝島社の「このミステリーがすごい」大賞シリーズという謳い文句に魅かれて借りた。
地方検事が主人公のシリーズものの第3作とのことなので、主人公の検事の過去などを知っていればもう少し楽しめたのかもしれないけれど、扱っている事件が郵便物の紛失事件とか、主人公の父の横領事件、電車の中の痴漢事件、とあまり重大ではない犯罪なので、かなり地味。これも、登場人物の魅力とか作者の描写力で読ませていく類いのミステリなのだろうけれど、個人的な趣味から言えば、ちょっと物足りない気がした。

Monday, March 17, 2014

春公演、リハーサル中!

娘のバレエ教室は、毎年、12月または11月に「くるみ割り人形」、5月にSpring Show、つまり春公演を上演します。

「くるみ割り」の方は以前は8公演あったのが、一昨年は5公演に減り、去年は4公演しか無かったけれど、それでも2日連続、昼、夜と踊り続けるし、一般の御客様も観に来るから緊張度もそれなりだったりします。それに比べ、昼と夜と2回あっても1日で終わる春公演は、観に来る観客も家族、親戚、友人と、身内ばかりなので気は楽だし、親のボランティアもそれだけ仕事が少なくて済みます。
さらに、毎年毎年、同じ踊りが繰り返される「くるみ割り」と違って、春公演はその年によって出し物が変わるので、「今年は何を踊らせてもらえるのかな?」、「今年は何を観せてもらえるのかな?」というワクワク感もあって、私は個人的には春公演の方が楽しみだったりします。

さて、今年の春公演、去年の暮の時点では、御話のあるストーリーバレエを全幕上演するという話もあって楽しみにしていたのですが、結局、そうすると子供たちが踊る役が偏ったり、若い子たちの出番が少なくなってしまいがちになるということで、例年のように有名バレエの一幕、有名バレエからの抜粋の踊りをいくつか、オリジナル作品を数作、そしてジャズを一作という構成になるようです。
「なるようです」と書いたのは、上演日の5月18日まであと2ヶ月しか無いのに、キャスティングはおろか、踊る演目まで完全には決まっていないから。

大丈夫なんでしょうか...?(汗)

とりあえず、娘たちのレベル(6)が練習しているのは:

「Sleeping Beauty(眠れる森の美女)」のフェアリーたちのヴァリエーション

リハーサルは見学・撮影、共に禁止なのでスタジオのオフィシャル・フォトグラファー、
トッド・レクティック氏撮影による写真を御借りしています

「眠れる...」は、第三幕の「オーロラの結婚式」を上演するけれど、それだと踊れる子が限られてしまうので、そこに第一幕のフェアリーたちのヴァリエーション(リラの精を除く5つ)を入れるようで、今はその練習をしているとのこと。
このヴァリエーションの練習は最上級のレベル7も一緒なので、レベル6の娘たちに役が回って来ることはあまり期待できなさそうですが、「眠れる...」のヴァリエーションの振付を憶えておくのは決して損にはならないので、と前向きに考えて頑張っているようです。


それと、娘はありがたいことに、ジョージ・バランシンが振り付け、女性3人+男性1人で踊る「Valse Fantasie」(1953年版)の出演者候補の6人のうちの1人に選ばれ、それもリハーサル中です。

撮影:トッド・レクティック

「Valse Fantasie」は、ミハイル・グリンカ作曲の同名曲に合わせて踊られるのですが、2008年の春公演で踊られたのをDVDを借りて観てみたら、動きの速いこと、速いこと。いかにもバランシンという振付でした。そういう踊りが大好きな娘は踊っていてとにかく楽しいようです。出演候補者中、最年少なので選ばれる可能性は限りなく少なそうですが、練習させてもらえるだけで嬉しいんだそうで。まあ、そう考えておけば選ばれなくても落ち込むことは少ないかな、と。

「Valse Fantasie」の動画。ライブの映像なので音質が悪いですが、テンポはこのバージョンが一番、娘たちが練習しているバージョンに近いようなので貼っておきます。


娘が唯一、出ることが決定しているのはジャズの演目。去年の公演はボブ・フォッシーの「スイート・チャリティ」が大好評でしたが、ジャズの先生は今年もフォッシーの「キャバレー」を選択。ジャズのクラス、レベルC&Dを取っている生徒の出演になりますが、レベルDの生徒はポアントで踊ることになっているとか。ま、それはそれで良いのですが、黒を基調とした衣装になるので、網タイツに、何と黒く染めたポアントシューズで踊るんだそうで... そんなポアントシューズ、普段の練習では使えないから、本番で履いて終わり、というコンディションのポアントシューズにしないともったいなくて仕方ないけど、上手くそういうコンディションのポアントシューズを用意しなきゃいけないなんて、正直、面倒くさいっす...

撮影:トッド・レクティック
いかにもフォッシーというポーズですわね。

ということで、今のところ3つの踊りの練習に参加しているわけですが、リハーサル・デイになっている土曜日は、午前中は9:00~10:30が普通のバレエのレッスン、12:00~1:00がパ・ド・ドゥのレッスンがあって、午後に1時間ずつ3つの踊りのリハーサルがあるので、計5時間半、うち4時間はポアントで踊っているものだから、さすがに疲れるようです。
前にも書いたと思うけれど、バレエは体力勝負なのだということを改めて実感しています。





Sunday, March 2, 2014

ベネさんたら〜〜〜

今日のアカデミー賞授賞式にプレゼンターとして出席したベネ様ことベネディクト・カンバーバッチでしたが、レッドカーペットでこんな事をやらかしてました。


最初は合成写真かと思ったら、そうじゃなくて、ベネさんてば、本当にU2の面々が写真を撮られている後ろで飛び上がってphotobombしたらしい...
それも1度ならず2度までも...


2度目はU2のメンバーの1人とその奥さんに気づかれているようですが...(笑)

授賞式ではめでたく作品賞を受賞した「それでも夜は明ける」のチームと一緒に、ブラピ&アンジェリーナ・ジョリー夫妻の横に座っていたので、けっこうカメラに写っていました。イェイ。
共演のルピタ・ニョンゴのスピーチの際には感動して目がウルウルになっていて可愛かったっす。

もちろん、こういうちゃんとした写真も撮られていますが...


ベネさんのphotobomb写真は、早くもコラが出回っていて、こんなのも...


ベネさん、しばらくはこのネタで語られそうですな。

Saturday, March 1, 2014

「フランセス・ハ」


去年、アメリカで公開された独立プロ作品「Frances Ha」をDVDで観る。
公開された当時、高く評価されていたのでずっと観たいと思っていた作品。

主人公のフランセス(グレタ・ガーウィグ)は、ニューヨークでモダンダンスのカンパニーの正団員を目指す27歳。日常的にほとんど文無しに近い状態だが、大学時代からの親友、ソフィ(ミッキー・サムナー、歌手スティングの娘)とアパートをシェアして楽しく暮らしている。フランセスにとってソフィはボーイフレンドよりも心を許せる近しい存在ゆえ、ボーイフレンドに同棲をもちかけられても断って、それが原因で別れてしまうほど。なのに、或る日、フランセスは、ソフィから「ボーイフレンドと一緒に住むことにしたから」とほぼ一方的にルームメイトを解消されてしまう...

この映画の核はなんといっても、グレタ・ガーウィグのフランセス。何についてもその場限りの解決策しか取れず、先の事を深く考えずに行動してしまう一方、全く自覚の無いまま、人を苛立たせることを言ったり、やったり。最近流行りのman-child=子供みたいな男の女性版と言ったらいいのか、もし実際に周りに居たらイライラさせられること間違い無しの困ったチャンである。それでも、不思議と彼女のことが心配になってしまったり、彼女に同情したり共感してしまったりするのは、監督のノア・バームバックと一緒に脚本を書いたうえでフランセスを演じたガーウィグの功績だと思う。

全編、白黒の画面で、明らかにフランソワ・トリュフォーを意識した映像作りをしているが、開き直って、トリュフォーと名コンビを組んでいた作曲家のジョルジュ・ドルリューによる映画音楽を使っているのが、映画オタクの私にはちょっと嬉しかった。
ちなみに、タイトルのFrances Haの「Ha」とはいったい何?という謎はエンディング・シーンで明らかになるが、いかにもバームバックらしいウィットが利いていて良かった。

⬇の予告編では、劇中でも使われていたデヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」が使われています。




Monday, February 24, 2014

ベネ様のそっくりさんが話題に

ベネ様こと、ベネディクト・カンバーバッチにそっくりな16歳のイギリス人少年が注目を浴びている様子。



確かに、16歳の時のベネ様だと言われれば信じちゃいますね、これは。

ベネ様ファンは、この少年、タイラー・ミッチェル君のインスタグラムもチェックしてみてください:

http://instagram.com/tylermichell98

Tuesday, February 18, 2014

「ロボコップ」(2014)


1987年製作の「ロボコップ」の同名リメイク作品を先週、試写で観た。

新版は、登場人物など、多少のディテールの差はあれ、設定はほぼ一緒。そのままにしたら死に至る重傷を負った刑事の身体を機械でサポートすることで誕生したロボコップが、犯罪撲滅に立ち上がるが、次第に製造会社や警察内部に隠れている腐敗に気づく...といったプロットもほとんど同じ。

ロボコップことアレックス・マーフィを演じるのはスウェーデン出身のジョエル・キナマン。アメリカでは、デンマークの犯罪ドラマのリメイク「THE KILLING〜闇に眠る美少女」で注目された。身長189cmでスレンダーの体躯はロボスーツ(?)を着るのにピッタリ。マーフィの手術を担当し、その後のメンテナンスでも尽力するドクター・ノートンにはゲイリー・オールドマン。アグレッシブに利潤を追求することしか考えていないロボット製造会社オムニ社の社長にマイケル・キートン。そして、ロボットで治安を維持する政策を支持するジャーナリストにサミュエル・L・ジャクソンと、クセ者オヤジ役者を揃えてあるのは嬉しい。
ただ、前述したように、内容に新味はほとんど無し。レアな感触の暴力描写もウリの1つだったオリジナル版に対し、新版はRからPG−13のレーティングに変わったこともあってか、暴力描写のほとんどはビデオゲームのような感じでインパクトに欠けるような気がした。

ストーリー的な破綻は無いし、オリジナル版を観ていない人にはそこそこ楽しめるB級映画のノリの作品に仕上がっていたが、私たちのような、27年前にオリジナル版を観ている映画ファンにとっては、存在理由が今ひとつわからないような作品に留まっているのは残念。

Monday, February 17, 2014

「ミケランジェロ・プロジェクト」


先週のことだけれど、「グッドナイト&グッドラック」のコンビ、ジョージ・クルーニーとグラント・ヘスロヴの最新作「ミケランジェロ・プロジェクト」の試写に行った。

「ミケランジェロ・プロジェクト」の原題は、「The Monuments Men」。Monuments Menとは、第二次大戦中に、戦場となったヨーロッパの文化遺産を戦災やナチス・ドイツの略奪・破壊行為から守るために出向いた連合軍側の人々を指す。彼らの多くは、軍人ではなく、美術史の教授や、建築家、彫刻家といった研究者・アーティストたちで、実戦の経験はほとんど無かったにもかかわらず、敵軍の攻撃が進行中の戦地に赴いて、文化遺産を救おうとした。彼らの働きが無ければ、戦後に生まれ育った私たちが観ることが出来なかった文化遺産が山ほどあったのに、この映画を観るまでは彼らの存在すら知らなかったというのには我ながらちょっとビックリ。そういう意味では、ヨーロッパに旅行して文化遺産に触れる機会のあった人たちには必見の映画だと思う。

映画の出来の点では、プロットが凡庸だったり、陳腐な描き方だったりした所も少なくなかったのは残念だったけれど(クルーニーとヘスロヴの過去の作品の質を考えると尚更に)、観ておいて損は無い映画でしょう。