Sunday, October 7, 2018

「華氏119」



マイケル・ムーアの新作「華氏119」を観た。

タイトルの数字、119とは、2016年11月8日の大統領選挙の翌日を表す数字で、トランプが大統領になってからのアメリカ社会・政治を描いている。
「華氏119」は、まず大統領選で大方の予想を裏切ってトランプが大統領になってしまったところから始まる。"How the f*ck did this happen?(なんでこんな事になっちまったんだ?)」というムーア自身の言葉がそれにかぶさるが、その時のアメリカ国民、少なくとも、トランプを支持しなかった国民の半数以上の気持ちをこれ以上端的に表す言葉は無いだろう。
映画は、そこから、ムーアの故郷、ミシガン州フリントの汚染水危機と街の荒廃ぶり、ウエストヴァージニア州の公立学校の教師たちが置かれている窮状、そして17人の犠牲者を出したフロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校乱射事件をとり上げ、それぞれの状況から生き残ろうと闘う人々を描くと共に、その原因を作り出したアメリカ社会のシステムやその「仕掛け人」である政治家たちの欺瞞を暴いていく。さらに、そのような問題に国民が何もしないでいたらどのような結果になるかを、1930年代のナチスドイツの台頭という過去の黒歴史と重ねて警告する。

ムーアはアメリカの映画監督の中では異色の存在である。政治的スタンスではリベラルに当たるのだろうが、民主党の政治家たちのために華やかにファンドレイジングをするハリウッドのエリート・セレブたちとは一線を画し、常に庶民の視線でものを見る事を目指す。「華氏119」でも、リベラルVS保守、民主党VS共和党という観点ではなく、あくまでも執政者としての政治家たちがアメリカ国民に対して何をしてきたか、という事に着目した姿勢を一貫させている。

民主主義は、あくまで民が主となる政治体制でなければならないはずなのに、民主主義を世界中に説く建前を取ってきたアメリカの民主主義が確実に崩壊に向かっている。アメリカに住みながら参政権を持たない外国人居住者の私にとっては、もどかしい思いでいっぱいになりながらエンディング・クレジットを見つめるばかりだった。


Thursday, September 13, 2018

「ザ・プレデター」


試写で「ザ・プレデター」シリーズ最新作を観た。
頑強で容赦無い戦闘型エイリアンであるプレデターが地球にやってくるところはオリジナル版と同じだが、対峙するグループを人間vsプレデターという単純な図式に収めていないところがミソ。
シュワルツェネッガーのようなスターは出演していないけれど、そこそこ手堅い演技を見せる俳優たち(ボイド・ホルブルック、オリヴィア・マン、スターリング・K・ブラウンなど)を揃えたキャストも好感が持てたし、ちょっとしたところにギャグを入れたりするユーモアもナイスだった。
B級作品には違いないが、ポップコーン映画としては上出来な方ではないかと思う。

試写会場の映画館のロビーには、こんなん飾ってありました



ちなみに、結構グロい描写(内臓飛び出しまくりとか脚をスパッとか)が出てくるので、そういうのが苦手な人は閲覧注意というか鑑賞注意です。

Tuesday, September 11, 2018

THE LEFTOVERS

日本では「LEFTOVERS/残された世界」として放映されたHBOのドラマシリーズ「The Leftovers」の最終回をようやく見終えた。
シリーズ最終回はアメリカでは2017年6月に、日本でさえ同年9月に放映を終えているのに今更感が強いですが…(汗)


Image result for the leftovers

「LEFTOVERS/残された世界」はトム・ペロッタの同名小説が原作。シーズン1は、或る日突然、理由も無く人口の2%だかが消え去ってしまうという「突然の旅立ち」に向き合う人々を描いた原作の映像化という形を取っていたが、評判の良さゆえ、シーズン2、シーズン3が製作されたという経緯があった。

そういう後付けの続編だと、映画の場合、ロクな作品にならなかったりするわけだが、「LEFTOVERS/残された世界」のシーズン2では、舞台を東海岸の架空の町メープルトンから、「突然の旅立ち」が一件も起こらなかった「奇跡の町」ジャーデンに移し、新たなキャラクターを登場させることによってストーリーを発展させていくという賢い策を取って成功。シーズン3では、「突然の旅立ち」とは何だったのか?旅立っていった人々には何が起きたのか?という事を中心に、3シーズンを完結させていく。

「突然の旅立ち」というスーパーナチュラルな事象が中心になりつつも、描写はあくまでリアルなので、不思議な非現実感を覚えさせる独特の雰囲気が持ち味。最初は取っつきにくかったが、一度、「残された世界」にハマると妙な魅力でぐいぐいと引き込まれていくこと請け合いのドラマだった。

それに加えて素晴らしかったのがマックス・リヒターのスコア。特に「旅立ちのテーマ」というメロディはグッときました。



リヒターは、私が大好きな映画の「メッセージ」のサウンドトラックも手がけています。



ついでに、もう1つ。リヒターによるヴィヴァルディの「四季」のリコンポジション

(「メッセージ」の音楽に使われているコードの動きが、ここでも使われています)


Monday, September 3, 2018

怒涛の冬〜春〜夏 in 2018

なんとこれが2018年2つ目のエントリーというサボりっぷりでした…
1月〜3月は娘の大学申請&合否発表で、なんだかあっという間に過ぎ去った感じ。
4月の初めに合格した大学のうち3校を訪ね、進学先を決定。
一安心したら、今度はバレエ教室最後の春公演の出演で、ソロ2役とジャズの「グリース」のサンディ役をいただいて、嬉しかったけど練習は大変に…しかも練習中に転んで骨挫傷をやらかして、休養を余儀なくされて、教室のディレクターに嫌味言われたりと、また一悶着。
まあ、春公演は無事に終わったし、公演直前には地元の無料紙に写真入りで記事が出て”1日セレブ”状態になったりもして、良い思い出になったわね、と言っている間に、早くも卒業式(その前にプロムなんかもあったりして、男友達にちゃんとお誘いをいただいてロング・ドレスを奮発。気分はプリンセス−大柄ゆえクィーンの貫禄もあったという説も…(笑)

晴れ姿の二人(笑)

卒業式が終わって2日後、3年ぶりに日本に帰省。後半は梅雨入りしましたが、3週間、日本を楽しんでこちらに戻り、その1ヶ月後には大学のオリエンテーション開始と、本当に怒涛のように過ぎた7ヶ月でありました。

大学のキャンパス。左手に見える建物が娘の寮舎

娘を大学にドロップオフした後、LAに戻り、晴れて旦那とempty-nesterの仲間入りです。
「これで思い切り映画も観に行ける」とばかりに、旦那は早速1人10ドルで月3本まで映画を観に行けるMoviePassなるものに自分と私を入会させ、昨日の土曜日は、早速、友人夫婦と話題のロマコメ「クレイジー・リッチ!」を観に行きました。



映画は他愛の無いコメディだったけれど、主要キャストが全員アジア人という変わり種なのにアメリカでヒットしているというのは、アジア系住民としては素直に嬉しかったです。

Monday, January 8, 2018

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

2018年元旦の朝、スティーヴン・スピルバーグの新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(原題:「The Post」)を観に行った。

”ペンタゴン・ペーパーズ”というのは、1966年に当時国防長官だったロバート・マクナマラの指示を受けたランド研究所がベトナム戦争の経緯や戦況を分析した報告書。当時、ランド研究所所属の国防政策研究者だったダニエル・エルズバーグは、アメリカ国民に対してベトナム戦争の実態を隠し続ける事に疑問を持ち、こっそりと文書をコピーし、ニューヨーク・タイムズ紙にリークする。
「ペンタゴン・ペーパーズ」は、ニューヨーク・タイムズ紙の大スクープに「出し抜かれた」というジャーナリストとしてのプライドと、国民に対して真実を伝えなければいけないという報道魂に突き動かされたThe Postことワシントン・ポスト紙の編集部が、最高裁から記事の差し止めを受けてしまったニューヨーク・タイムズ紙の援護射撃をするような形でペンタゴン・ペーパーズの報道に踏み切る過程を描く。

その中心になるのは、当時のポスト紙の編集長だったベン・ブラッドリーとオーナーだったキャサリン(ケイ)・グレアムなのだが、ブラッドリーを演じているトム・ハンクスとグレアムを演じているメリル・ストリープがさすがにうまい。ともすれば、ちょっとやり過ぎになるスピルバーグの演出を熟練した俳優ならではの演技力でちょうど良い”あんばい”にしているあたりには脱帽した。脇を固める演技陣の中では、ボブ・オデンカーク(「ベター・コール・ソウル」)が実に良かった。彼は世慣れたはしっこさを持つキャラクターを演じさせると特に輝く役者だと思う。

それにしても、数々の映画評が指摘していたが、半世紀近く昔の話なのに、今のアメリカと気味が悪いほどの類似性を持つのは何とも… ニクソンをトランプに置き換えたら、そのまま2017年のニュースになりそうなシーンでは観客から苦笑が漏れたほど。
スピルバーグも、この映画を作るなら今年しか無い!と思って、急ピッチで製作した「ペンタゴン・ペーパーズ」、観るなら今しか無い!


Sunday, December 31, 2017

2017年を振り返る

ブログを随分サボってしまい、最後のエントリーから1年近く経ってしまったので、さすがにマズいと思い、2017年の大晦日にこれを書いています。

大晦日なので、ざっと2017年を振り返ってみると…

*映画
今年公開された映画の中で印象に残った作品は
「LOGAN」:ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの有終の美を飾るのに相応しい出来だった
「ワンダーウーマン」:ガル・ガドットはゴッデスです。以上(笑)
「ベイビー・ドライバー」:或る意味、ミュージカル以上にミュージカルな映画
「ダンケルク」:「プライベート・ライアン」以来の臨場感ある秀作戦争映画
「スリー・ビルボード」:登場人物全員が完全な善人でも悪人でもないというところがナイス
「シェイプ・オブ・ウォーター」:「エターナル・サンシャイン」以来のベスト恋愛映画
この他にも、きっと好きだったと思うけれど見逃した作品が多数あるので、DVDで観ることになりそう。

「シェイプ・オブ・ウォーター」:デル・トロ作品中のベストの1つだと思う

*娘のバレエ
今年で10回目にして最後の「くるみ割り人形」で、11月の感謝祭の週末とその翌週の週末、本公演が1日2回で計8回、サンタモニカ学校区の小学生たちを招待した短縮版公演が2回と計10回を踊り切り、無事終了。
今年は、やっと長年のドリームロールだった「花のワルツ」のセンター、デュードロップ・フェアリーを踊れて悔いの無い公演になりました。


2017年は、娘にとって大学受験の年でもありました。
アメリカでの大学受験は一発試験ですべてが決まる日本と違い、全米共通テスト(SAT or ACT)だけではなく、ハイスクール2年目=ソフォモアの年と3年目=ジュニアの年、そして最終学年=シニアの年の前期の成績、先生&学校のカウンセラーの推薦状、エッセイと呼ばれる小論文、さらに課外活動を伝えるサプリメントなどを提出するので、シニアの年の夏休みから準備を始めねばなりません。
娘は、カリフォルニアの公立大学であるカリフォルニア大学(UCバークレーとかUCLA等々)やカリフォルニア州立大学には1つも行きたいところが無い、出来たら親元から遠く離れた大学に行きたいということで、カリフォルニアの私立大2校を除いては、全て東部の私立大学を受験しています。その多くが受験申請締め切りが1月1日ということで、今年は、その追い込みでクリスマスらしいクリスマスも無く、追い込みをかけ、昨日の12月30日、全ての受験申請を終えて、ホッと一息ついているところです。
結果がわかるのは3月終わりから4月中旬ぐらいにかけてだそうなので、今から4ヶ月近くは気が休まらないけれど、ジタバタしてもどうしようも無いので、どこか1校は引っかかるさ…ぐらいの気持ちで居ようと思っています。

2018年は、娘が(願わくばw)大学に進学し、9月からは私たちもいわゆるempty nesterになり、自分のために使える時間が増えるので、何か新しい事を始めた方が良いのかな…とぼんやり考える大晦日なのでありました。

Wednesday, January 11, 2017

再び「ラ・ラ・ランド」について


去年の秋から冬にかけて観た映画について書いた日記でも触れたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」だけど、ゴールデングローブ賞のコメディ・ミュージカル部門で作品賞をはじめノミネートされた7部門全てで受賞を果たすという記録的快挙を成し遂げたので、もう少し詳しく書きたいと思う。

「ラ・ラ・ランド」は一言で表現すれば、ボーイ・ミーツ・ガール・ストーリーで、それ自体としては特に傑出したストーリーだというわけではないが、夢を追う若き2人の住む街がla la landと称されるロサンゼルスだというところが象徴的かつ効果的なセッティングになっている。la la landという呼称は、LAと呼ばれるLos Angelesと、la la =夢心地のland=地、要は「夢見る街」という意味を二重に含めた言葉として、やや揶揄的にロサンゼルスを呼ぶ際に使われる言葉だが、「ラ・ラ・ランド」はそれを逆手に取り、夢見て何が悪い?、夢を見ることこそ若さの特権じゃないか?と主張する。
そんな映画だからこそ、主人公たちはすんなりと歌と踊りに入っていけるわけで、そんな主題や舞台を選んだ監督・脚本のデミアン・チャゼルの才能には感心した。

ところで、この映画は、実に印象的なダンス・シーンで始まるのだけれど、それを見てすぐに連想したのは、ジャック・ドゥミ監督の「ロシュフォールの恋人たち」だった。特に下のシーンで使っている曲や全体の印象がすごく良く似ている。


*ダンサーの中でオレンジ色のシャツを着ているのは「ウエストサイド・ストーリー」で有名なジョージ・チャキリス

ちなみに、今年のゴールデングローブ賞は、「ラ・ラ・ランド」のパロディで始まる実に愉快なオープニングだった。
(*以下のクリップは「ラ・ラ・ランド」本編を観てから見ることをオススメします)