Tuesday, June 19, 2012

Bunheads


ケーブル局ABCで始まったドラマ「Bunheads」の初回エピソードを観た。

「Bunheads」は、若いころ、アメリカのトップクラスのバレエ団アメリカン・バレエ・シアター(ABT)から奨学金をもらうほど優秀なバレリーナだったヒロインが、ブロードウェイ・ミュージカル出演をきっかけに、バレエの道からそれて、一時の気まぐれでラスベガスで上演されるミュージカルに出たのが運のつき。以来、本意ではないのにベガスでショーガールを続けているところから始まる。
ヒロインのミッシェルは、冷房もろくに利かないぼろアパートに住み、自分よりずっと才能は無いが、整形で巨乳になった若いダンサーの方がはるかに良い待遇を受けるベガスのショービジネスにうんざりしているところに、自分にずっと御執心だった中年男のファンのプロポーズを受け、衝動的に受けて電撃結婚。フィアンセの「海が見える素晴らしい眺めを持つ自宅」に着いてみたら、彼はなんとバレエスタジオを経営する元バレリーナの母親と同居していた...

というのが、初回の展開なので、あまりバレエシーンも出て来なかったのだが、ミッシェル役のサットン・フォスターはブロードウェイのミュージカルで2度もトニー賞を受賞した実力の持ち主なので、ドラマ部分もしっかりしているだろうから楽しめるのではないかと期待している。
ところで、そのミッシェルにからむ義母のバレエ教室の生徒が4人居るのだが、この主要キャストと目される4人のバレエ少女役のうち2人は明らかにバレエ体型だし、バレエをやっているという雰囲気であるのに対し、あとの2人には「う~~~~ん」と唸ってしまった。いえ、どんな体型の子がバレエ習ったって良いんだし、現実のバレエ教室だってバレエ体型の子たちばかりではないんですけどね、これでバレエ踊られるのは正直言ってちょっと苦しいかな...と。まあ、今後、もしかしたら、プロになりたい!と一念発起して、すんごくドラマチックに体型が変わってしまうという役なのかもしれないし(でも、それは無いかなあ...)、そういう体型だからこそ成り立つドラマがあるんだろうから、暖かく見守っていってあげることにしましょう。

番組予告編はこちら

4 comments:

gazimama said...

ここに記事があります。読んでみてください。うちにはケーブルないんで、Netflix待ち~。(>_<)

http://dancemagazine.com/blogs/dance-glance/4466

J.B. Ogihara said...

gazimamaさん

インターネットだったら、オフィシャルサイトで前回のエピソードは観られるみたいですよ:
http://abcfamily.go.com/shows/bunheads
ネットフリックスで出るまで待つのって長いでしょう?

記事、読みました。
クリエーターがSABに行ってたなんて聞かないので、チャッツワースの方の教室をモデルにしたんじゃないかな。

miya said...

予告だけしか拝見してませんが、映画フラガールを思い出しました フィアンセの人が、フェリスはある朝。。。。のダメ夫くんですよね!?

J.B. Ogihara said...

miyaさん

「フェリスはある朝突然に」なんて、まあ古い映画が出てきましたねえ~。
そうです、フィアンセを演じていたのは「フェリス」でマシュー・ブロデリックの親友で金持ちのぼんぼんを演じていたアラン・ラックという俳優さんです。
「フェリス」では、かなり重要な役を演じていたのに、その後はあまり売れなかったようで、映画の端役(「Twister」での竜巻追っかけ軍団の1人とか)やTVドラマのゲスト出演をする程度の仕事しかしていないけど、コリー犬みたいに(失礼!)面長で青い眼のルックスは結構憶えやすい顔ですよね。