Wednesday, April 25, 2012

ポアントシューズについてのドキュメンタリー

製作年が2009年になっているので、知っている人、観たことのある人も多いかもしれないけれど、バレエ好きの友人(Kさん、ありがとう!)が教えてくれたポアントシューズについてのビデオです。

語り手はニューヨーク・シティ・バレエのメガン・フェアチャイルド。NYCBには、さすがにポアントのコンサルタントが居るんですね。棚に積まれているポアントシューズの数々。これが1晩のパフォーマンスで1足なんてペースで駄目になっていくから、1年で50万ドル(約4000万円!)なんていうコストがかかるんですね。

それでも、プロのバレエ団の団員さんは、こうやってタダで支給してもらえるから良いけれど、素人のバレエ学校の生徒たちは自腹ですからねー。70ドル~80ドルのシューズが1~2ヶ月で駄目になったりするから、スポンサーである親たちは「このポアント、もう駄目~(My pointe has died.)」という言葉を聞くたびに大きなため息をつくわけです。

4 comments:

miya said...

ポアント。。。履いてみたい

J.B. Ogihara said...

ポアント、カッコ良いですよねえ。
でも、ポアントを正しく履きこなすのってすごく難しいみたいで、我が娘も苦労しています…

はにバニ said...

お〜、こんなドキュメンタリーが。今日、サリーナと一緒に観ますわ〜!!!

J.B. Ogihara said...

はにバニさん、

え、はにバニさんが未見だったなんて、ちょっと意外です…
サリちゃんの感想も聞きたいっす~。