Monday, March 26, 2012

署名に御協力御願いいたします!

ミクシィにも書いたのですが…

アメリカの学校でのいじめを描いた「Bully」というドキュメンタリーがもうすぐ公開されますが、アメリカ映画協会(MPAA)が、18歳未満の青少年には成人の付き添いが必要というR指定を付けています。理由は、F-wordと呼ばれる罵り言葉が数回出てくるから。でも、この罵り言葉はいじめている生徒がいじめられている生徒に浴びせかけている言葉であり、実際にこういう言葉で罵られているという事実をそのまま見せるために登場しているとのこと。
R指定だと学校でも上映会は出来ません。子供たちにこそ見せたい映画「Bully」を、高校生なら自分たちだけでも観に行けるPG-13にするようMPAAに嘆願する署名運動が実施されていて、私も今署名してきました。
アメリカで大きな問題になっているいじめの現実を伝える「Bully」を、子供たちが観られるよう書名に御協力を御願いいたします!

http://www.change.org/petitions/mpaa-don-t-let-the-bullies-win-give-bully-a-pg-13-instead-of-an-r-rating

エレン・デジュネレスもこの署名に協力を呼びかけています:


「Bully」予告編:

この予告編に登場する両親の息子さんは学校でのいじめを苦に自殺したそうです。わずか11歳の若さで。

言うまでもないことですが、「Bully」が公開されたら、同じくR指定を付けられたアカデミー賞受賞作品「英国王のスピーチ」同様、娘を同伴して観に行くつもりです。

2 comments:

miya said...

署名の方、早速しました
いじめの低年化が問題になっているのに
ピンポイントである年代の子供たちが、観賞できないなんて、なんだかおかしい~!

J.B. Ogihara said...

miyaさん、御署名ありがとうございました!
すごい数の署名が集まったそうなんだけど、残念ながら公開日が迫ってきたということで、配給会社はno ratedで公開することにしたみたいです。
映画で描かれている子供たちと同年代の子供を持つ親としては、絶対観にいかねば!と思う作品だし、ドキュメンタリーとしても北米の映画評論家の93%から支持されているという良質な作品のようなので、観に行って口コミで評判にしたいと思っています。